ホーム > 技術 > 鍼灸の歴史

鍼灸の歴史

鍼灸ってけっこう昔からあるイメージだけど一体どれくらい前からあるのだろうか。

なんと鍼灸は今から2000年以上も前から中国にあったようだ。

そしてその知識が6世紀ぐらいに朝鮮から日本に伝承し、

鍼博士など鍼灸を扱う医療職の官職ができたそうだ。

平安時代までは鍼よりもお灸の治療が中心で、鍼は外科的な処置をするためのものだったとか。

戦国時代では武将たちはお灸をすえて戦地に行ったとか。

こんな昔からあるってすごいなあ。でも、昔の鍼って今よりもすごい太そうだし、

お灸とかも温度調節?みたいな技術もできないだろうから熱かったんだろうなあ・・・

こんな昔から長く伝わる治療法ならけっこう効くのかな。

八王子に鍼灸士になった友人がいるから今度遊びにいったついでにお願いしようか。

八王子の鍼灸院です。


関連記事

  1. 鍼灸の歴史

    鍼灸ってけっこう昔からあるイメージだけど一体どれくらい前からあるのだろうか。 な...

  2. テスト

    テスト記事です。...